働くとき持っておくと安心できる資格

現場で働くならこの資格!コンスタンスに収入アップするかも?

様々な工事ができるように

どの資格が良いのか

どんな建物の工事でも担当できるように、1級建築士の資格を獲得するのがおすすめです。
建築士には2級や木造建築士という種類もありますが、そちらは担当できる建物の工事に制限があります。
キャリアアップや収入アップには繋がりにくいので、難しいですが1級建築士の資格を目指しましょう。
最初は難易度が低い資格から挑戦し、最終的に1級建築士の資格を取得する流れが良いと思います。

またキャリアアップには、建築施工管理技士の資格も役立ちます。
この資格があれば工事の計画を作成でき、みんなに仕事の指示を出せるなど監督的な役割を担当できます。
責任感が大きい仕事を任されても、怖がらずに挑戦してください。
経験を重ねることは、キャリアアップへの近道です。

通信講座で勉強しよう

本屋で参考書を購入し、ノートに大事な部分をまとめながら勉強しても良いですが、それだとどこがポイントなのかわかりにくくなります。
またわからない部分があった時に自分で調べなければいけませんし、答えが見つかるまでに時間が掛かる可能性があり、余計な手間が発生します。
もっと手っ取り早く知識を養うなら、通信講座を使いましょう。
通信講座には資格を取れるものもあり、建築士や建築施工管理技士も用意されています。

通信講座を利用すると問題用紙を渡されるので、時間がある時に解いていきます。
問題用紙にポイントや試験で出やすい部分がまとめられており、効率良く勉強できます。
参考書を買うより費用が掛かりますが、時間がない人はこちらがおすすめです。


この記事をシェアする