働くとき持っておくと安心できる資格

現場で働くならこの資格!コンスタンスに収入アップするかも?

取得が難しい資格もある

宅地建物取引士とは何なのか

不動産取引の専門家と言えるのが、宅地建物取引士です。
宅地建物取引士の資格があると、建物の取引をする際の重要事項の説明、契約者への記名と押印、重要事項説明書への記名と押印ができるようになります。
簡単に説明すると、お客さんが不動産を売買したい時に仲介人となり、その時の決まりやルール、注意事項をわかりやすく説明することが宅地建物取引士の仕事内容です。

一般的な仕事に比べて、宅地建物取引士の年収は高めだと言われています。
高収入を期待できる職業なので、資格の取得を頑張りましょう。
建物取引士として活躍するなら、資格を持っているだけではいけません。
お客さんに誠意を持って接し、丁寧に説明する態度を心がけてください。

難易度が高いと言われる

宅地建物取引士の試験は、合格率が15パーセント程度です。
このことからも、かなり難易度が高いことがわかるでしょう。
中途半端な勉強をした程度では絶対に合格できないので、苦手分野を克服する勢いで勉強を積み重ねていきましょう。
宅地建物取引士の試験には、受験資格が特に決められていません。
誰でも、試験に挑戦できます。

介護士と同じで、不動産の現場も需要がこれからも続きます。
需要がなくなるリスクがないとなれば、安定して仕事を続けられるでしょう。
宅地建物取引士の資格を持った状態で求人に応募すると、会社側にとって即戦力になるので採用される確率が大幅に上がります。
スムーズに希望する会社に就職できる面も、資格のメリットです。


この記事をシェアする